Archive for the ‘コラム’ Category

家事調停にウェブ会議導入

2021-11-02

以前のコラムにも書きましたが、いよいよ、離婚相続などを扱う家事調停手続きで裁判所弁護士事務所などをインターネットで結ぶ「ウェブ会議」の試行が始まるようです。 (さらに…)

債権回収としての仮差押の有効性

2021-10-05

取引先等の相手方が代金売掛金を払ってくれない場合、強制的に回収するためには訴訟を起こした上で強制執行をする必要がありますが、時間がかかるため、強制執行に着手した時点では相手方に資産が残っていない可能性も大いにあります。 (さらに…)

むち打ち症(頸椎捻挫)と後遺障害等級

2021-07-07

 自動車に乗っていて交通事故に遭うと、頸椎捻挫、いわゆるむち打ち症を発症することがよくあります。 (さらに…)

法務省の離婚専用サイト

2021-05-24

 法務省が、離婚を考えている人向けの専用サイトをリニューアルしたそうです。養育費など子どものいる夫婦が離婚に先立ち (さらに…)

家裁での調停のIT化

2021-05-14

報道によると、「最高裁は、家族間の問題を扱う家事調停に、インターネット上で手続きを進める「ウェブ会議」を導入する方針を固めた。」とのことです。 (さらに…)

相続登記の義務化

2021-05-12

亡くなられた方(被相続人)が不動産を有していた場合、相続人が一定期間内に相続登記をしなければ10万円の過料に処せられるという法律が、 (さらに…)

破産の同時廃止とは

2021-03-31

借金が払えなくなった場合、借金整理するためにはいくつかの方法がありますが、借金の支払いを法律的にゼロにするためには破産申立が必要となります。 (さらに…)

有責配偶者からの財産分与請求

2021-03-04

今回のコラムのテーマは、有責配偶者からの財産分与請求です。有責配偶者とは、離婚に至った責任がある者のことで、例えば、妻の浮気により離婚に至った場合には、その妻から財産分与請求された場合の話です。 (さらに…)

交通事故による慰謝料(死亡事故の場合)

2021-02-12

交通事故でご家族が亡くなられた場合、亡くなられた方を相続したご遺族は、加害者に対して慰謝料を請求することができます。 (さらに…)

遺言に記載された日付が遺言完成日と異なっていても有効とされた判例

2021-01-19

自筆遺言を書く場合、日付も自分で書く必要があり、押印も必要です(民法968条1項)。この場合の日付は、遺言を完成させた日を記載するべきとするのが過去の最高裁判例でした。 (さらに…)

« Older Entries

keyboard_arrow_up

0752555205 問い合わせバナー 法律相談のインターネット予約